借金が返せないので反省

これまでにも書いてきましたように、過去のことはもう戻っては来ません。

 

ただ、反省をするしかないわけですが、本当は返済できなくなった時点で見直すということもいけないことですし、返済ができなくなったこと自体がいけなかったことです。

 

これに関しては、先ほども述べましたように、謝罪をして、今後どのように返していくか、自身の生活についてどうするべきかを話し合って決めていかなければなりません。

 

また、振り返ったところで元に戻ることもありませんし、信用が回復することがないことも肝に銘じておかなければなりません。これはどう考えても自身が悪かったわけですから、自身が逃げずに話し合いを行い、お互いが納得した形の借金返済を決めて、実行していくしかありません。

 

しかし、誰でも失敗することはあります。もちろん、お金のことに関して失敗している方はあまり多くはありません。それでも、ちゃんと借金返済をして、完済するということで姿勢を正していくしかないということです。

 

そして、完済した時にもう借りないということを誓って、今後の生活を改めていくことによって、借金返済もする必要はありませんし、借金そのものもすることはなくなるでしょう。

 

いずれにしましても、生活を根本から見直して、無駄遣いをしない生活を送ることが求められていることは明らかなことです。

 

楽しければ何をやってもいいという生活から、質素でも楽しめるという生活に変えていきましょう。