消費者金融への返済は、期日より早く返済しても良いのか?

消費者金融を利用するにあたっては、1回当たりの最低返済額と毎月の返済日が決まっております。

 

返済日に関しては、その日が土日祝であれば前倒しとなっていることを考えますと、できるだけ、決められている日の2日以上前に借金返済を実施することが理想であると考えられます。

 

毎月の返済日よりも前に返してはいけないというルールはないわけで、早ければ早いほど、貸している側を安心させることができるということです。まずは決められた日より前に返済を実施するようにしましょう。

 

また、基本的に借金返済することでお金を借りることができているわけですので、最低限でも返すことが重要になります。

 

時間がかかることもあるかもしれませんが、それが計画通りで、決められた日より前であれば、問題はないといってもいいでしょう。

 

毎月返済できていることだけでも信用は崩れることはありません。もちろん、信用のためにやっているわけではないと思う方もいるかもしれませんが、お金を借りたことによる約束は返済をすることだけなのです。

 

そして、決められた日より前に借金返済を行い、完済することができた時点でようやく信用があると思ってくれるということです。

 

お金を借りられたことも信用なのかもしれませんが、それはまだ信用を得られたということではなく、信用を築くためのスタートラインについたまでのことです。本当の信用は完済してからでなければ、得られないのです。