返済が無理な時は、どうすれば良いのか?

どうやっても借金返済できそうにない時はあるかもしれません。

 

その時は仕方がないでは済まされませんので、まずは今後の返済について、話し合いを行ってください。

 

それに従った返済をするためにはどうすればいいのかを自分で考えてください。調べてみれば、どこで無駄遣いをしていたかもわかってくるはずです。話し合っているにもかかわらず、反省の色もない、言う通りに返してくれないとなりますと、信用がなくなります。

 

また、お金を借りている以上は無理でしたということはできません。借金返済をすることが義務として発生していますので、毎月決まった日に返していかなければならないのです。特に返済ができないからと言って、一切連絡しないとなってしまいますと、さらに立場が悪くなることは言うまでもありません。連絡を取って、とにかく話し合いをすることと返済を約束通りにやるしかありません。

 

但し、例外として、返済を猶予してくれる場合があります。それは病気やケガによる入院、自然災害による罹災です。入院や長期休養の場合は診断書が必要になります。また、自然災害については役所へ行って、罹災証明書をもらってくる必要があります。

 

そのうえで手続きを行い、決められた期間内は返済を猶予されます。もちろん、それはその期間の返済が免除されたということではありませんので、そこは勘違いしないようにしてください。

 

このように、借金返済ができない場合というのはごく限られた状況でしか認められないことを認識して今後に生かしてもらいたいものです。