連絡なしに返済しなければ、金融業者はどうする?

借りたお金が返済ができない場合、放っておけばいいということは絶対にありません。

 

基本的には話し合って、今後の返済について決めなければなりませんし、それを自身ができないのであれば、弁護士などに相談をして、完済できるようにしっかりと管理をしてもらって、対応をしていかなければなりません。

 

本来は自分でやらなければいけないものを手伝ってもらわなければできないというだけでも、返済ができたとしても信用はなくなってしまいます。

 

また、現状を嘆いても、借金返済ができていないという現実を直視して、今後のことを考えていかなければなりません。

 

何の連絡もなしに返済をしないとなりますと、金融業者ですとすぐに簡易裁判所で支払督促を届け出ることになり、その場合は一括返済を求められてしまいます。

 

返済できそうにないとわかった時点で、少なくとも店舗や電話などで相談をしておく必要があったと思います。相談があれば、今後のことについて、取り決めを作って、それに従った対応ができていたはずです。

 

そして、1度失った信用は戻ってくることはありませんが、話し合った結果の通り、きっちり借金返済を行って、首の皮1枚になったとしても完済をするしかありません。

 

それで完済ができたということになっても、そのあと同じところからはもう借りることはできなくなっているかもしれませんので、そうなったとしても自分が悪かったと思うようにするしかありません。